忍者ブログ
                               『音惚花活気好@KAKKY』『七四十一大神』&『みんなしあわせになれ』= 垣内政治 ジャパンアカデミー所属の『おとぼけカッキー』さんの日記です
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平成十(西暦1998)年七月二日 旧閏五月九日(木)


 先日、鳥取県米子市に出張滞在 している間に、
伯耆の大山を見遥かしながら、
神代において素盞嗚尊様が退治した八岐大蛇について考えている時に、
ふと、

「ヤマタノオロチのオロチを霊反しすると○イになるから、
 これをつなげて読むとヤマタノ○イでヤマタイになるのではないか」

と思ったのである。

ヤマタイと云えば云わずとしれた「魏志倭人伝」に記された

「邪馬台国」

のことである。

現代日本史において「天照大神 」とされる女王卑弥呼を頂点とする鬼道国家である。

後世、女皇の権威を正当化しているように脚色されて編纂されたと思われる
皇典古事記及び日本書紀に、
緻密に暗号化された本邦建国秘話が、
私の脳内でそのヴェールを脱ぎ始めたのは、
このひらめきとほとんど同時のことであった。

  卑弥呼=高姫、
  天照大神=日ノ出神、
  素盞嗚尊=大国主命、
  少名彦命=恵比寿=耶蘇

という公式が私の脳内を駆け巡り、この連想を通じて、
霊界物語の回顧録の中で、
聖師様が窮地を逃れるために何度か、

「アマテラスオホミカミ」

の十種の言霊を連呼している真意が、初めて塾解出来たのである。

「天皇も素盞嗚尊である。」

とは聖師様の残した言葉である。

これを誉め殺しであるとか天皇とは
主神のことを遠回しに言っているのであるとか諸説あるようだが、
それは違うであろうと思う。

何故なら聖師様自身大本霊団を日本の型とする中で、
天皇陛下の型として活動していたと思われるからである。

そして同時にそのことは
日本国の皇国としての位置付けを示唆しているのであるから、
自らを汚すような真似をするとは思えない。

 聖師様にせよ、天皇陛下にせよ、皇国日本にせよ、
素盞嗚尊としての位置にあるときはその位置は玉体であり神宮である。
そして、月読命を聖霊媒体として
天照大神を御本霊に召還することによって
霊力体完備した現人神として完成し、
神素盞嗚大神の救済力を発揮し得る大霊止となるのである。

 素盞嗚尊は男性肉体であり、
天足彦として個性完成する前の天不足である。
即ちこれを天稚彦と称するのである。

 失楽園のアダムを称して伊邪那岐、天堕六、仇者と記すのであるが、
彦、尊等の冠詞を伴うときは霊止を意味するので
堕落とは無縁の情態である。

 大日霎貴は女性肉体であり、
胞場姫として個性完成する前の笑晴照である。

即ちこれを天稚姫と称するのである。

失楽園のエヴァを称して伊邪那美、破壊婆、汚場と記す。

古事記に記される女神天照大神は変成男子であり、
聖徳太子伝搬の仏教に所謂尼である。

 月夜見尊は精霊媒体であり、
守護神として個性完成する前の神降主である。

即ちこれを輝鳥別と称するのである。

 失楽園の狡猾蛇を称して大自在天、大黒主、大蛇と記し、
八岐大蛇と呼ぶのであるが、
これらは全て翼を奪われた堕天使長であり、半幽半物質である。

霊界物語中の蚊取別は三日月の様に腰を曲げる事で
これを示唆しているのである。

今回訪れた鳥取県羽合、及び米子が共に
この輝鳥別の翼の因縁から湧き出た地名であることを
私は窺い知ることが出来るのである。

 常世の国、米国の米が八岐大蛇を抱えつつ懲らす因縁を、
国章の雄々しい鷲が示唆しているし、
それは伯耆の大山が大黒主、八岐大蛇退治の聖地であり、
決して魔境ではないという事と同意義であると思うのである。

 世界大戦終結の犠牲的聖地となった米国のハワイへの空襲が、
我が国に宿る世界征服への邪心を懲らす結果になったことも、
昭和天皇が全ての責任を負う形で人間宣言をしたのも、
天の岩屋隠れであり千座(位、石)の置戸を背負ったことと
同意義であるといえる。

 因みに千石の置戸とは、戦国時代の終結の為の、
松竹梅の桃の御霊の活動の御使命を負わせられ給うたことを示し、
それは織田信長、明智光秀、豊臣秀吉、徳川家康の活動を型とする
毒を以て毒を制する荒療治である。

 ここで千座の置戸を、敢えて千石の置戸と記したのは、
天照大神の天の岩屋隠れの際の千引き岩と、素盞嗚尊の千座の置戸が、
実は表裏一体の出来事であり、
同一の事件を霊体両面から表現している事を、
簡潔に一言にまとめる為である。

 天の岩屋隠れは天国的描写であり、千座の置戸は霊国的描写である。
これを統合して千座の置戸と記すのである。

霊界の出来事は、全て時空を超越しており、
現界に誠の神柱が一人存在する時は、
彼を通して、彼の存命中に同期的に現実化する。

それは一人が多神の活動を、一人無限役的に演ずるような状態である。

また、誠の者が不在の時は、一神が万人に分化して、
分担的に霊界の出来事を現実化させることもある。

それが、先に記した戦国武将達であり、
また過現未を通して展開される人類史でもある。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
1  2  3  4  5  6  7 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
『音惚花活気好@KAKKY』**********『七四十一大神』& 『みんなしあわせになれ』  = 垣内政治
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/11/17
職業:
ミュージシャン
趣味:
インターネット、ブログ
自己紹介:
今は夜の横浜の伊勢佐木モールを中心にストリートライブでオリジナルCD-Rを手売りしたり、営業をもらったりして活動してます。
時々バンドでのライブもやりますから見かけたら応援してください。
ここには二十歳の頃から始めた神学を応用したフリートークを公開してます。
バーコード
P R
日々の歩み 情報 収入アップ 副業 起業 独立開業大金持ち 皇道經濟でみんなに十億円!^0^♪
忍者ブログ [PR]